Blog

フィンランドの小学校でワークショップ

Helsinki01.jpg

ブログに書くのが遅くなってしまいましたが、3月に行ったヘルシンキの旅の最中に、すてきな偶然がおきました。

3月24日、なんとヘルシンキの小学校で、ムービーカードワークショップをやる機会にめぐまれたのです。きっかけは、この前日に訪問したアアルト大学(旧・ヘルシンキ芸術デザイン大学)メディアラボ・ヘルシンキでした。ラボでお会いした Anti Raike(アンティ・ライケ)さんから、彼の妻であり小学校の先生でいらっしゃる Tarja Malmi-Raike(タリヤ・マルミ-ライケ)さんを紹介していただきました。アンティさんは、以前ラボに滞在されていた佐野彰さんに紹介されて、すでにムービーカードをご存知だったそうです。そんなこともあってか、話はトントン拍子に進み、その日のうちに翌日の午後にタリヤ先生にお会いして、小学校でワークショップをやることが決まりました。

お伺いしたのは、Strömbergin Koulu(ストロンベルギン・コウル/ストロンベリ小学校)という小学校です。この学校の建築は、建築家と教育者が共同で設計しためずらしいプロセスを経てつくられたそうで、とても美しい校舎でした。校内には、一般的な教室だけでなく、いくつかの工房や舞台など、工作や身体表現ができる空間が充実していたことが印象的でした。ジュースとお菓子をごちそうになった校内のカフェテリア(おしゃれで食堂とはいいがたい)や職員室の様子は、日本の学校のそれとはまったく雰囲気が違います。職員室には、先生方の個人デスクはなく、応接セットと小さなミーティングルーム、給湯室などで構成された比較的小さなスペースです。先生方は、基本的に自宅で仕事をされるとのこと。

校内を巡っていると、元気よく日本語で「こんにちは!」とあいさつしてくれる子や、恥ずかしがりながら日本語であいさつしてくれる子に出会いました。実はこの学校には、日本語や日本文化を学ぶ「日本クラブ」があるのです。タリヤ先生は、この「日本クラブ」の顧問で、とても流暢な日本語を身につけられている方でした。この日のワークショップは、放課後集まった「日本クラブ」のこどもたちに向けたものでした。教室に入ると、黒板に書かれた「Konnichiwa! Welcome!」の大きな文字が飛び込んできます。「日本クラブ」というだけあって、先生とこどもたちは日本語のあいさつを交わします。このときのあいさつのことばを紹介したくて、後日教えてもらいました。こんな感じです。

先生「みなさま、こんにちは」
こどもたち「せんせい、こんにちは」
先生「おげんきですか?」
こどもたち「はい、げんきです。せんせいは?」
先生「おかげさまで。すわりなさい」

「おかげさまで」という日本らしい日本語を、海外で思わず耳にしたので、おもわず吹き出しそうになりました。最後は、「着席」よりも丁寧な「すわりなさい」を使っているそうです。

ワークショップは、事前に内容の打合せをせず(!)に行いました。わずか1時間の短い時間だったので、急ぎ足のワークショップでしたが、とても楽しんでもらえました。こんな貴重な機会をいただいたタリヤ先生、タリヤ先生を紹介してくださったアンティさん、そして、ラボを案内してくれた IAMAS 同級生の水谷理人さん(Michihito Mizutani)、ワークショップに参加してくれたみんなに感謝します。ありがとうございました。

余談

ヘルシンキでは、約束の場所に早めに行ってはいけませんね。この日、学校最寄りの駅で待ち合わせだったのですが、中央駅からわずか数駅でもう無人駅でした。駅舎もなく、駅のホームには、寒い風をよける場所がまったくありません。待っているうちに、身体が震えてきました。真冬じゃなくてよかったです。

ヘルシンキの森

R0010050

2010年3月下旬にヘルシンキへ行きました。フィンランドの首都ヘルシンキは、周辺の都市をふくめて人口100万人ほどの街です。わたしは、ヘルシンキに住んでいる友人をたずねて、彼の自宅に滞在させてもらいました。友人は、ヘルシンキ郊外の森に囲まれた住宅地に住んでいます。

到着翌日の朝、天気がよかったので、住宅周辺の森を散策しました。森といっても、けわしい山ではなく、木々の茂る平坦な土地です。森のなかには自動車が乗り入れできない遊歩道が整備されています。雪が積もっていましたが、遊歩道の上は歩きやすいように雪かきされています。平日の午前中だったこともあって、人通りはほとんどありません。ときどき、歩いている人やノルディックウォーキングを楽しむ人、自転車で走っている人にすれちがいました。事前に心配していた寒さは、それほどでもありません。この日の気温は0度前後でしたが、晴れて風が止んでいると、空気も澄んでいて、むしろ気持ちよいほどです。

ヘルシンキの森は、人里から離れて街と隔離している区画ではありません。森のなかは静かですが、散歩していると多くの自動車が往来している音が伝わってきます。おそらく、それほど遠くない場所に幹線道路がはしっているのでしょう。しかし道路自体はまったく見えません。

ヘルシンキでは、このように街と森が近接しています。ヘルシンキの中心地でさえ、中央駅の裏へ歩けばすぐに森と湖がひろがっています。友人によれば、ヘルシンキの住宅地は、森と森の間に配置されているそうです。都心から住宅地への自動車でのアクセスは細かく枝分かれしていて、葉脈のようにひろがっています。住宅地どうしは、森のなかの遊歩道で結ばれ、徒歩や自転車でアクセスできます。遊歩道は直線ではなくカーブしていて、見通しがよくありません。絶妙に曲がりくねった道は、あえてデザインされているもので、歩く人びとに、まるで森に包まれたような視界を提供しているとのこと。

わたしは都市デザインについてまったく素人ですが、この森の遊歩道から垣間見えたヘルシンキの都市計画には、ほんとうに驚かされました。都市のなかに森をのこし、住宅地を遊歩道でつなぐ——まちの空間のデザインに、先人の知恵がつまっています。人口密度の大きな日本では、同じような街づくりはできないかもしれません。それでも、ヘルシンキの都市計画の指針に学べることがありそうな気がしました。

東日本大震災

2011年3月11日の午後、東北地方で大地震が発生しました。
被災者のみなさんのご無事を祈ります。

昨日、職場から帰宅する時には、これほど広い範囲で大きな被害になっているとは思いませんでした。こちら広島県福山市では地震を感じませんでした。「また東北で地震があったようですね」と世間話をしていた程度です。揺れを体験していないので、あきれるほど気楽な心持ちでした。

まだ被害の全容はわかっていません。心配なのは、テレビで、いつもの地震よりも不安をあおるような内容や、いらだつ口調が多いことです。マスメディアは、いたずらに不安をかきたてるのではなく、被災者の役に立つ情報や、支援者ができることを落ち着いた口調で伝えてほしい。だれもセンセーショナルな空撮映像をくりかえし見たいとは思っていません。

非常時には携帯電話がまったく通じませんでした。一方で、Twitter ユーザの安否はいちはやくわかってほっとしました。Twitter は現在とても便利な情報源になっていますが、出所不明の怪しいツイートもみかけます。よくわからないことを不用意につぶやいたりリツイート(RT)しないよう気をつけたいものです。

2011年

Mt. Fuji

2011年が明けました。今年もよろしくお願いします。

2010年は、活動の本拠を移して新しい出会いにたくさんめぐまれました。 今年わたしは年男、うさぎのように飛躍できる年にしたいです。

みなさんにとっても、素敵な一年となりますように。

デジタル伝言ゲームにチャレンジ!

2010年11月21日、広島市で、ケータイを使ったこどもむけワークショップを行いました。福山大学で同僚の飯田豊さん、福岡のNPO法人子ども文化コミュニティの高宮由美子さんと一緒です。主催は、広島のNPO法人子どもコミュニティネットひろしまです。

メディア表現によるコミュニケーションスキルアップ講座
デジタル伝言ゲームにチャレンジ!!

日時:11月21日(日) 10:00~13:00
会場:広島市女性教育センター(WE プラザ 大会議室)
対象:小学生20名 (保護者、大人の見学可)

飯田豊(福山大学人間文化学部メディア情報文化学科 専任講師)
杉本達應(福山大学人間文化学部メディア情報文化学科 専任講師)
高宮由美子(NPO法人子ども文化コミュニティ 代表理事)

http://www.kodomo-net.jp/20101120.html

ワークショップには、なんと札幌や大阪からも参加者が集まりました! また、前日のフォーラムで講演されていた携帯電話研究家の木暮祐一さんも見学に来られていました。参加者のみなさん、どうもありがとうございました。

伝言ゲームっておもしろい!

今回のワークショップでは、いろんな伝言ゲームで、情報を伝えることに挑戦しました。

  1. ことばによる伝言ゲーム
  2. イラストによる伝言ゲーム
  3. ケータイによる伝言ゲーム

ところで、伝言ゲーム、やったことありますか? 知ってはいても、実際にやる機会は意外とすくないかもしれません。でも、やってみると、楽しいし、おもしろいことがよくわかりました。伝言している途中で、ちょっとした音が変化したり、情報が欠落したりしていきます。人間の記憶力や心理、情報のあいまいさ、メディアの役割など、いろんなことを考えさせてくれます。

ことばによる伝言ゲームのお題は、「いつ、どこで、だれが、なにを、どうした」といった形式がよいようです。さらに、「○○だって」「○○らしいよ」と伝聞の形にすると、噂やニュースっぽくなりますね。難易度を上げるには、細かな修飾語をつけるといいです。たとえば、「財布を落とした」ではなく、「5000円とカードが入っていた黒い革製の財布を落とした」とか。

お絵描きによる伝言ゲームでは、言葉にたよらず、前の人が描いたイラストを短時間見たあとに、描き直して情報を伝えていきました。お題は「おいしいたいやき」だったのですが、ひとつのグループで、「おいしいおさかな」に変わってしまいました。イラストの途中経過を観察すると、湯気の線が波に、お皿の線が水槽になっています。

最後のケータイを使ったゲームは、グループごとに街に出ていきます。時間の制約もあり、バケツリレー方式で伝えるのではなく、隣のグループだけにお題を伝える連想ゲームです。お題をケータイで伝えるために、ヒントの写真を撮って、隣のグループにメールを送ります。ヒントの写真を受け取ったグループは、その答えを紙に書いた写真をメールで回答します。送られた答えが正解か不正解か判定して答えるのも写真メールです。お題が届くところから、すべてが、ケータイ写真メールのやりとりだけで進んでいくゲームです。

お題は、漢字一文字ということだけがわかっています。実際に出されたお題は、「海」「風」「波」「星」。どのお題も、昼間の街中で、そのものを写真に撮ることができないものばかりです。そのため、お題に似たようなものや、お題を連想できるイメージを探さなければいけません。

このゲームでは、限られた時間で、かなり難しいお題のヒントを探すだけでなく、届いたヒントから答えを探ることもやらなければいけません。それぞれのグループの様子を観察していましたが、みんなとても苦労していました。ところがなんと、すべてのグループが正解にたどりつきました。こどもたちの伝える力と想像する力はすごいですね。

ケータイって使いにくい!

さて、ワークショップの前日の深夜に、ホテル近くのファミレスで、打合せと準備をしました。ゲームで、写真メールを送りやすくするために、ケータイ1台ごとに、「ヒントをおくる」と「こたえをおくる」専用のメールアドレスを事前に登録しておきます。このアドレスは、前後のグループのケータイへ届くとともに、同時に会場のPCにも転送されるように設定しておきます。

この登録設定作業に、思いのほか手間どりました。わたしは、ケータイ打ちがもともと不慣れだったこともありますが、ふだん iPhone に慣れていると、従来の携帯電話の操作がとても面倒です。写真を撮ってメールを送るだけのシンプルな操作をするにも、何度もボタンを押さなくてはいけないんですよね。この時、飯田さんが、深夜に同機種のケータイを何台も並べていじっている姿は怪しいよねとつぶやいていましたが、確かに怪しい面々に映ったことでしょう(笑)。とはいえ、この前日の仕込みのおかげで、当日は問題なく動作していました。

ところで、今回使ったケータイは、主催の子どもコミュニティネットひろしまに、事前に準備していただいたものです。短期間のイベントなどに貸し出している携帯電話レンタルサービスを利用して有料で借りたとのこと。今回のワークショップは、ケータイを活用して、こどもとケータイの関係を考えなおすことができます。こどもとケータイの関係が社会的に注目されているなかで、こうした地道な活動こそ、通信事業者が積極的にサポートしてほしいものです。主催者の方は、通信事業者にも協力を依頼したそうですが、あっさり断られたようです。そもそも地方には事業者のCSRの窓口もありません。

ちなみに今回のケータイの機種がいつごろのものか気になっていたところ、木暮さんに数年前の古い機種だと教えてもらいました。さすがコレクターだけあって、一目でわかることにびっくり。そして、数年前で古くなってしまうケータイの製品サイクルの短さにも驚きます。現在進行形で次々と新しくなる機器に対して、わたしたちは、その面白さにのめりこんだり、危険や不安を感じたりしています。ときには、こうしたイベントを通じて、新しい技術に没入したり反発するだけでなく、じっくりと考えてみるのもよいですね。

次回もあります

子どもコミュニティネットひろしまでは、メディア表現のワークショップを連続して行っています。次回は、2011年1月に、朝倉民枝さんピッケの絵本づくりなどが行われます。詳しい内容は、後日子どもコミュニティネットひろしまのWebサイトに掲載されるとのこと。広島のこどもたちに、ぜひ参加してほしいです。

関連リンク