WWDCへ


Appleの開発者会議WWDCへ行ってきます。
今年の注目は、3G iPhoneとiPhone SDKですね。
今後のMac OSのロードマップも発表されると思います。
iPodで成功したAppleは、消費者も開発者も囲い込もうと、独自のコンテンツ流通プラットフォームを固めてきています。
iPhoneアプリケーションの「正式な」自由流通は、セキュリティの理由もあって、望めそうにありません。
Apple – iPhone – iTunes Music Store – App Storeという連なりは、日本のキャリア主導の携帯業界とは違うメーカー主導の「垂直統合」です。
なんだか、コンシューマゲーム機のプラットフォームに近いですね。
自由な流通をよしとするPCプラットフォームの文化とは大きく異なりますが、この体制はこの先も続くのか、興味があります。