「楽しかった」集中講義


2月19日から21日にかけて、名古屋学芸大学にて集中講義「メディア・リテラシー演習」を担当しました。1年前まで毎日勤務していた職場との再会は、なんとも不思議な感覚でした。

授業では、既存のメディアの表現様式を利用した表現形態「メタ表現」をキーワードにして、ワークショップや作品紹介などをおこないました。授業の内容や雰囲気づくりは、あれこれ考えて私なりに工夫をこらしたものです。3日間にかけて、数々の課題をこなさなければならなかった受講生のみなさん、どうもおつかれさまでした。そして、積極的に課題に取り組んでくれたことに感謝します。少人数だったので発表の時間を長くでき、ぜいたくな授業になったと思います。

授業の最後に無記名の授業評価のアンケートをとったところ、 「楽しかった」という感想がいくつもありました。お世辞かもしれませんが、うれしいものです。受講生の感想から一部を紹介します。

●楽しかったです。

●すごく楽しかったです。

●なかなか面白い授業でした。

●楽しくて、タメになる講義でした。他の科目の講師もやってほしいです。

●講義とそれ以外のバランスが良く、楽しみながらも学べた感があり良かったです。

●様々なメディア・リテラシー体験を行って、とてもおもしろかったですし、もっとリテラシーについて学びたいと思いました。

●タノシイ授業の典型。机に向かって講義するよりも集まって何かするのが楽しいので、これからもこの体制をしていってほしいと思います。

●凄く久しぶりに面白い、ねむくならない授業でした。映像や企画もおもしろく、学習意欲をそそられました。もう一度受けたいくらいです。

●なんだかとてもふんいきのよい授業でした。大学の授業なんだけど、とても良い意味で高校ぽかったです。表現する事について見直せた気がします。

●とても楽しい授業でした。初めは、普通に講義をしてくれればいいと思っていましたが、先生がはじめに言った様に記憶に残る授業だったと思います。

●短時間で集中して作業して、講義して、という授業内容が、すごく良かったと思います。内容も興味があることばかりだったので、楽しかったです。今まで受けてきた授業の中で上位に入るくらいです。

IMG_0491.JPG IMG_0495.JPG IMG_0496.JPG