まつりをつくるワークショップ


2011年6月と7月の2回にわたって、社団法人呉青年会議所のみなさんとワークショップをおこないました。

「祭り創造プロジェクト〜市民でつくる新しいまつり〜」
6月26日(日) 第1回ワークショップ 
7月30日(土) 第2回ワークショップ
大和ミュージアム会議室(広島県呉市)
facebook ページ:http://www.facebook.com/kurematsuri

R0010558
このプロジェクトは、参加者のみなさんとともに「新しいまつりをつくる」という野心的な企画です。さらに、映像制作やソーシャルメディアの活用までふくめた、従来のまちづくり活動にはあまりみられない要素をとりいれた試みもおこなっています。ワークショップでは、ムービーカードチャートイットで、映像づくりや意見集約などをおこないました。

R0010519
映像づくりの素材の数は、これまでのムービーカードワークショップのなかで最多だったのではないかとおもいます。参加者のみなさんが、2回のワークショップと幾度かのミーティングをかさねて制作した映像は、すべて YouTube にアップされています。こちらの facebook ページから映像を見たり、コメントを書き込んだりできます。参加者および主催者のみなさんは、いまごろは夏休み返上で準備にとりかかっていることでしょう。

ところで、この機会をいただく以前は、わたしにとって「呉」は、名前だけ知っているまちのひとつにすぎませんでした。今回、呉のまちをすこし回って、はっきりわかったことがあります。呉は、たくさんの見どころや名物がそろったとびきりの観光地だったのです。呉の人たちは、自分のまちのあれこれを自虐的に語ることがあります。そうした発言には、多少の謙遜がまざっているとは思いますが、実にもったいないことです。外から見れば、地元の人にとっての「不便」なことさえ、「魅力」に変わることがあります。そんなまちの潜在的な魅力は、まちの外から人や文化が入っていくことで発見されることもありそうです。呉の人たちは、一見こわもての人が多い気がします(笑)が、じつは気さくで地元をおもう気持ちが強い方ばかりでした。彼らの強い意気ごみにソーシャルメディアからのアイデアが加わって、たのしいおまつりができあがることを願っています。

「ガチdeくれモン」
2011年9月10日(土)
大和波止場(広島県呉市・大和ミュージアムうら)