日本のアウトサイダー・アート


松下電工 汐留ミュージアムで、「アール・ブリュット/交差する魂 ローザンヌ アール・ブリュット・コレクションと日本のアウトサイダー・アート」を観ました。

思っていた以上に面白い作品たちに出会えました。
とくに日本人作家の作品が、印象に残りました。
独自の言語で書かれた日記、極小文字の羅列、俯瞰した街の風景など…。

自分自身がこどもの頃、ふだんから無心で描いていた絵を思い出しました。
あの圧倒的な密度で執拗に繰り返されるイメージ、私も何かに突き動かされるように描いていたのです。
この作家たちの描きっぷりは、他人ではない感じです。

どの作品もとてもレベルが高いので、展示作品の脇に掲げられた作家紹介に、わざわざ「○○障害者」と書かれているのを外してほしいくらいでした。
彼らの才能を見出し、アーティストとして紹介したプロデューサーの手腕も素晴らしいものだと感心しました。

松下電工 汐留ミュージアム
http://www.mew.co.jp/corp/museum/